So-net無料ブログ作成
定点観測2008年9月 ブログトップ

2008年9月9日 業平橋駅ホームより。 [定点観測2008年9月]

3748.jpg

この写真は、2008年9月9日、業平橋駅ホームより眺めた現地の様子です。
着工した直後の写真と比べると、巨大重機が所狭しと集まっています。
それぞれの担当エリアでそれぞれの基礎工事を同時進行させていました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2008年9月12日京成橋より。 [定点観測2008年9月]

20080912京成橋.jpg

この写真は2008年9月12日に、京成橋の上から4X5(シノゴ、と言います)大判フィルムで撮りました。
上部に円形の黒い部分があるのはフィルターのケラレです。このレンズは4X5用としてはたいへんな広角なもので、それゆえ専用のフィルターを装着しなければ写真の四隅がかなり暗くなってしまうのです。

では、なんでそんなものを写り込ませたままの絵を見せるのか?と申しますれば、理由はひとつ。

タワーがとっても高くそびえるのでイメージサークル(という写る範囲)いっぱいいっぱいまで使わなければならなかった。ということなんです。

大判カメラの特徴として、アオリというシステムが使えます。高い建物を撮る場合、普通にカメラを上に向けて撮ろうとすると、パース(遠近法、と言えばわかりますか?)がついてしまって、建築写真としては美しくない歪んだものになってしまいます。

たとえばこんな具合。

3713-52.jpg

こちらはほぼ同じ場所から一眼デジカメで上を向けて撮りました。
左右の建物がかなり歪んで写ってしまってるのがおわかりいただけますね?
4X5のカメラを使うとこのような歪みを生じさせずに垂直な建物は垂直に写すことができるのです。

しかし、東京スカイツリーは610m・・・
直線距離で300mほどしか離れていない京成橋から撮影するのにはかなり限界が・・・

ということで、上部の黒みは勘弁してちょうだい!いざとなればレタッチでもなんでもやりますんで〜。(^_^)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
定点観測2008年9月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。