So-net無料ブログ作成
検索選択
地元見聞録 ブログトップ

2012年5月28日 NHK『こんにちはいっと6けん』隅田川ロケ素材。 [地元見聞録]

はい、本日のNHK『こんにちはいっと6けん』をご覧いただき、検索で訪れてくれた方、どうもありがとうございます!番組を楽しんでいただけましたでしょうか?

今回の見せ場のひとつである、隅田川を水上バスで遡上してゆく行程をおさらいしてみましょう〜♪

まずはお台場の展望台。左のレインボーブリッジ越に東京タワー、右にスカイツリーが見えてます。

6740.jpg

番組で触れていた「自由の女神とスカイツリー」はこんな感じです。
写真集『東京634』収録素材

_DSF1151.jpg

さぁ、東京水辺ラインの水上バス、「あじさい」に乗って出航です!

6764.jpg

レインボーブリッジの向こうに見えるのはツインタワーなマンション。
そのスキマに、一瞬だけスカイツリーが見えますよ〜。

6778.jpg

水上バスは隅田川を上流へ、スカイツリーへ向かって進んでゆきます。

中央大橋の支柱とスカイツリー。

6813.jpg

永代橋と。

6817.jpg

清洲橋に至る頃には、スカイツリーが真っ正面に見えるんですよ〜!

6839.jpg

ここを朝焼けに撮るとこんな感じになりました。
写真集『東京634』収録素材)

_DSF0101_64.jpg


清洲橋を過ぎると隅田川が曲がってしまうので、きれいに見えるポイントは少ないですが、蔵前橋とうまい具合に重なったりします。

6857.jpg

駒形橋が見えてきました。スカイツリーも近いです。

6881.jpg

吾妻橋をくぐるとすぐに、浅草からのおなじみの眺めが見られます。
左から、墨田区役所、スカイツリー、アサヒビール本社、アサヒスーパードライホールの“炎”オブジェ!

6897.jpg

そして、アサヒビール本社のガラスに映るゴールドスカイツリー。

6902.jpg

ゲイン塔のてっぺんまでうまいバランスに映り込んでますが、こんな風に見えるのは、実はこの水上からだけなのデス!
その証拠に、隅田川対岸の親水テラスから見る有名な“ダブルツリー”はこんな状態。

6916P.jpg

ほら、天望デッキあたりまでしか見えてません。。。

なので、水上から撮った、スカイツリーがてっぺんまで映り込んだ写真をケータイの待ち受けにしていると、宝くじが当たる!んだそうですヨ。(誰が言ったの?そげなこつ)

やー、水上バス、楽しいですよ〜。

6914.jpg


現在、隅田川を航行する水上バスは二系統あって、東京水辺ラインと、東京都観光汽船があります。

どちらもお台場から浅草のルートは存在しますが、東京水辺ラインの方が東京都観光汽船よりも上流側へ行きます。デッキに登りやすいのも東京水辺ラインの船の特徴ですので、そっちの方が楽しめるかもしれません。


最後に、う〜んとはしょって、“京成橋の寅さん”と、おなじみ十間橋の逆さツリー@夕焼けバージョン。

7119.jpg

7076_1.jpg

スカイツリーが開業してしばらくは、予約した方でないと展望台へは登れません。。。
なので、周囲から近づいて楽しもうね♪という企画でした〜。


お台場からの眺めは、以前の記事「お台場マンハッタン」も参照ください。
東京スカイツリー公認写真集『東京634』に収録されてる絵も多いですよ〜♪

↓好評発売中!

東京634 東京スカイツリー(R)写真集

東京634 東京スカイツリー(R)写真集

  • 作者: 小野寺 宏友
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 大型本


かような書籍にも写真提供しております!併せてよろしくで〜す♪

東京スカイツリー万華鏡 (東京スカイツリー公認)

東京スカイツリー万華鏡 (東京スカイツリー公認)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 共同通信社
  • 発売日: 2012/05/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



東京スカイツリーハンドブック おどろきと感動の634メートル

東京スカイツリーハンドブック おどろきと感動の634メートル

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2012/05/27
  • メディア: 単行本



【東京スカイツリー公認】東京スカイツリー (サイエンス・アイ ピクチャー・ブック)

【東京スカイツリー公認】東京スカイツリー (サイエンス・アイ ピクチャー・ブック)

  • 作者: 平塚 桂
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2011/08/19
  • メディア: 新書



図解 東京スカイツリーのしくみ

図解 東京スカイツリーのしくみ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/01/26
  • メディア: 大型本



東京スカイツリーのすべて100 (のりものアルバム(新))

東京スカイツリーのすべて100 (のりものアルバム(新))

  • 作者: オフィス303
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/03/26
  • メディア: ムック



小学生のための東京スカイツリーガイド (小学館学習ムック)

小学生のための東京スカイツリーガイド (小学館学習ムック)

  • 作者: 小学館
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/04/26
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2012年4月8日 桜関連。 [地元見聞録]

え〜、今年も桜の季節が巡ってきました。
思い返せば一年前の桜シーズンは311の直後で、とても花見気分などではなかったですね。。。
そもそも「花見は自粛すべきだ」「いや、こんな時だからこそ経済活動を停めてはいけないのだ」とか侃々諤々やってたワケです。

それでも地球の営みってのはまぁ、そういった人間の営みとか思惑とは無関係に進んでって、またこうやって桜のシーズンを迎えたワケです。

そんなかんなで「桜とスカイツリー」という組み合わせを、竣工直後の開業直前の今だから撮らねばならない因果な商売なのでありました。


まず、旧中川にやってきました。
以前も撮った「ふれあい橋」からですね。

到着したら、川でジュニアのボート部が練習をしていました。

4260-63.jpg

この旧中川は、平成になるまでいわゆる「天井川」で、カミソリ堤防がなければ大変なことになってしまう、そんなエリアでした。
それが今では水位の整備を施され、まるで天然の河川敷のような、ステキ河川に生まれ変わりました。

ここにビフォー/アフターな写真がありますので、その変貌を見て知ってくださいまし。


旧中川は川の上と下を水門で仕切られているので、流れはほとんどありません。
なので、ジュニアの艇であっても安心して練習できます。

4318-63.jpg

まぁ、桜を撮りに来たので、こんなあざとい構図も一応撮っておきましょう。(^^;)

4304-63.jpg

カヌーの人たちも川遊びをしていますね。
このメンバーは大人と子どもがいっしょでした。

こうやって川のDNAは受け継がれてゆくのでしょう。



次に、隅田川の桜橋に来てみました。

4501-63.jpg

!!!!!!!

4468-63.jpg

まるで子どもがおもちゃの船を川にぶちまけたような有様ですよっ!

桜橋の上流側から吾妻橋のあたりまで、屋形船から個人所有ボートからジェットスキーから水上バスまで、どこもかしこも船がぎっしり!まぁ〜、間を縫って走るのも大変!!

4444-63.jpg

お江戸船遊び、21世紀も健在なり!


ここでもあざとい絵を撮っておこう。

4521-63.jpg

あまりにもあざといのでカモメにあくびされちまいました。。。

4522-63.jpg


浅草寺に移動して、特別公開中の回向院のお庭を見てきました。

お目当ては五重塔と電波塔デス。

4577-63.jpg

ここは普段一般公開をしていないのですが、今年は東日本大震災復興支援のために、かなり長い期間公開をしています。


さらに、日没直前の上野は不忍池に来ました。

ここもボートが大渋滞!

4634-63.jpg

4651-63.jpg

ちょいと出遅れちゃったので、こういう構図以外はビル影がかぶってみっともない絵になってしまいましたとさ。
どっとはらい。


やー、日本人って、ホンマに桜見物が好きですねぇ〜♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

実はもう建っていた!?スカイツリー。 [地元見聞録]

え〜と、久々の更新です。

現在建設中の東京スカイツリー、実はもうすでに2007年に建っていたのをご存知ですか?

ほら。(笑)

20070901.jpg

これは2007年9月1日、私が初めて現地をロケハンした際に見つけたミニスカイツリーです。
業平橋駅車庫脇の東武エンジニアリングさんの敷地に建ってました。
しかも、ごらんになればわかるようにちゃんとコンクリで基礎打ってありますし金属製でなかなか立派でしょ?

このミニスカイツリー、『散歩の達人』誌2008年1月号に写真を掲載させてもらったのですが、その取材直前の2007年11月17日にはこんな風になってました。

20071117.jpg

ええと、お判りになりますか?
スカイツリーのてっぺんにミドリ十字がついたのです!(^_^)
それ以外にも足下にはナゾの金属構造物体がっ!


さらに!2008年8月20日の同誌取材時にはこんな風になってましたっ!

20080820.jpg

え?わかんない??
では、その変化した部分のアップをば。

20080820-2.jpg

上の写真撮影時にはなかった文字入りプレートがついてます。(^____^;)

なんだかナゾのバージョンアップを重ねているようですが、これからこちらの定点観測も続けなければならないようで。。。(笑)

まぁ、真面目に言いますと三枚目の写真、ミニスカイツリーの向こうにクレーンが見えますね?つまり、ホンモノのスカイツリーができあがるとこのミニスカイツリー越しに二つのタワーが同時に見える(!)ということになるのですよっ!!

いやぁ、東武エンジニアリングさん、粋なことをやりますなぁ〜♪素晴らしいです!
クリスマスにはなんかイルミネーションとか点灯するのでしょうか〜?今度もまたチェックしに行きますよ〜〜。
nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
地元見聞録 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。