So-net無料ブログ作成
検索選択

清洲橋。 [情景]

3999C.jpg

隅田川にかかる清洲橋。
大正12年の関東大震災復興事業として昭和3年竣工。

水上バスから眺めるのが楽しいポイントです。

4045.jpg

2012年10月24日撮影ですから秋の晴天時とは言え、水の上ではそれなりに体感温度が低くなります。けれどもここは撮影スポットとして有名な場所。ごらんのように船のデッキには大勢のお客さんがいます。

この水上バスからの視点はどんなものか?というのは、以前の記事
2012年5月28日 NHK『こんにちはいっと6けん』隅田川ロケ素材。参照。
http://sky-t.blog.so-net.ne.jp/2012-05-28

遠くから眺めていると、優雅な吊り橋のように見えますが、アップで見るとかなりゴツイ鉄骨造りデス。
専門用語で言うと「自碇式鋼鉄製吊り橋」とか。ナントモカタソウナ形式デス。

4018.jpg

夜になると、こんなライトアップがされています。

1746.jpg

水上バスや屋形船からの観光オススメですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2012年10月21日 隅田川さかさツリー、夜明け前。 [情景]

3458.jpg

2012年10月21日撮影
隅田川さかさツリー、夜明け前。
スカイツリー脇の星は金星。

以前の記事、2012年10月13日 スカイツリー with 金星、そして月。も参照。
http://sky-t.blog.so-net.ne.jp/2012-10-23

江戸時代に大川と呼ばれていた隅田川も、ある条件が揃えばかような鏡面水となる時がある。

もうすぐ朝が訪れます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

雅とスノーフレーク。 [スナップ]

3964_1C.jpg

スカイツリーのふもとにはいつもスノーフレークが舞っているんです。
(花かもしれないケド)

なんだかいかにも、なゆるふわ写真になったので、いろいろボカシ加工してゆるゆるふわふわ加算しました。 ヾ(๑´∀`)ノ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

スカイツリーシャトルバス。 [スナップ]

3809C.jpg

スカイツリーシャトルバス。
上野浅草からスカイツリーまで運行してます。
天井がガラス張りです。
車体の白いパターンはスカイツリーの鉄骨です。

http://www.tobu-bus.com/pc/skytree_shuttle/01.html

数台運行されてますが、ナンバープレートはどの車両もみな634です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

スカイツリーと粋スペーシア。 [スナップ]

3557.jpg

いかにも、なお散歩写真。w


↓発売中↓

ピエール瀧の23区23時

ピエール瀧の23区23時

  • 作者: ピエール瀧
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2012/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



東京634 東京スカイツリー(R)写真集

東京634 東京スカイツリー(R)写真集

  • 作者: 小野寺 宏友
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 大型本



東京スカイツリーの科学 世界一高い自立式電波塔を建てる技術 (サイエンス・アイ新書)

東京スカイツリーの科学 世界一高い自立式電波塔を建てる技術 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 平塚 桂
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/08/02
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2012年10月13日 スカイツリー with 金星、そして月。 [天体観測]

1823SQ63.jpg

2012年10月13日早朝撮影

しつこく朝焼けを狙いに隅田川の親水テラスへ行ったら、ちょうどスカイツリーが金星と月にはさまれていました。

この時の月齢は27。もうすぐ新月でした。
陰の部分がアースライトに照らされ、うっすらと、かつしっかりと見えていました。

見ほれてしまいたくもありましたが、速攻で撮らなければベストな絵は撮れないのでゆっくりあわてて確実に撮りました。

1828_52.jpg

夜明け前、世界はとても静かで美しいのです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

深夜のお散歩本『ピエール瀧の23区23時』(産業編集センター:刊)に登場しています。 [おしらせ]

23ku_cover-thumb-autox600-721.jpg

この度『ピエール瀧の23区23時』という本が出版されました。
深夜散歩が趣味の“電気グルーヴ”でおなじみのピエール瀧さんが、東京23区のうち毎月1区を23時からスタッフと共にうろうろ徘徊する、という企画本デス。

やはり深夜撮影が好きで、おなじみの“シンヤノハイカイ”シリーズを撮影してる私が関わることになりまして、竣工直後で数日後には業平橋駅から東京スカイツリー駅に改名される直前の2012年3月某日、ピエール瀧ご一行様を深夜のスカイツリー見物一周ツアーにご案内いたしました。(^^)/
(めっちゃ寒かった!!)

*版元さんサイトより*

ピエール瀧の23区23時
http://www.shc.co.jp/book/detail/000221.html
(内容試し読みできマス)

ピエール瀧(電気グルーヴ)が、静岡で生まれ育ったよそ者感覚で、20年住んだ東京の夜を、1年半かけてくまなく味わい歩いた!

夜散歩好きのピエール瀧が、「23時前後に23区すべてをほっつき歩くと何が見えてくるか」を大実験した前代未聞の写真満載トークブック!
1区の散歩時間は最長8時間!最短でも4時間!「23時に写真を撮る」「100円ジュースの自販機があれば味見」の決めごと以外は風任せ。見たままをカメラにおさめ、感じたまましゃべるという作業を1年半もの間ひたすら続けた結果できた、夜の散歩の実験記録本。

【困った時の案内人】
森山直太朗(渋谷区)/じゅんご(中野区)/南陀楼綾繁(荒川区)/荒俣宏(板橋区)/小野寺宏友(墨田区)

【書籍名】『ピエール瀧の23区23時』
【著者】ピエール瀧
【判型】B6判(並製本 巻頭8ページカラー)
【ページ数】368ページ
【定価】1,575円(税込)
【ISBN】978-4-86311-077-9
【発売日】2012年10月17日

ピエール瀧の23区23時

ピエール瀧の23区23時

  • 作者: ピエール瀧
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2012/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ちなみに、墨田区はオオトリのラストページです!
それは、ピエール瀧さんが墨田区だけはスカイツリーの建設中ではなく完成してから訪れたい、というコダワリを持っておられたからなのでした。
さて、そのコダワリのオオトリはいかに!?


そんなワケで、私の十間橋パラパラ写真が掲載されていたりしマス。

2164.jpg

そして、私もエラそうに出ておりマス!(著名文化人に混じって!)

2165.jpg

遅い時間にもかかわらず会見場所を提供くださった東向島珈琲店はコチラですよん♪
http://ameblo.jp/higamuko/
チーズケーキがめっちゃ美味しかった〜♪♫

よろしくで〜す♪

あ、ピエール瀧さんの出版記念サイン会があるようですよ!

『ピエール瀧の23区23時』発売記念サイン会
http://www.shc.co.jp/book/info/201210-225.html
2012年11月1日(木)20時~ (集合19時45分)
ヴィレッジヴァンガード 下北沢店

*発売日の2012年10月17日から店頭購入の方先着100名に整理券配布*

併せてよろしくで〜す♪♪

東京634 東京スカイツリー(R)写真集

東京634 東京スカイツリー(R)写真集

  • 作者: 小野寺 宏友
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 大型本



東京スカイツリーの科学 世界一高い自立式電波塔を建てる技術 (サイエンス・アイ新書)

東京スカイツリーの科学 世界一高い自立式電波塔を建てる技術 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 平塚 桂
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/08/02
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2012年10月8日 ダブルスカイツリー朝焼け時系列。 [情景]

今度は朝焼けを時系列で。
ま、つまり三脚固定でしつこく撮ってた素材をただ並べるだけシリーズなワケですけどね。(笑)

2012年10月8日撮影。 ダブルスカイツリーでおなじみの場所。


5:04

1385.jpg

5:24

1400.jpg

5:48

1430.jpg

5:58

1463.jpg

そしてこれは別の日、2012年9月24日ですが。

6:24

0533.jpg

そして以前のコレにつづく、というワケ。

昼粋雅WツリーP.jpg

ああ、結局夜明け撮ってるんじゃん。ヾ(๑´∀`)ノ


が!

ミッシングリングがっっっっ!!!!
(夕焼けとか深夜とか)

(ほぼ真東見てるから夕焼けは間接的にしか・・・)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2012年10月8日 夕焼け時系列。 [情景]

またしても夕焼けを時系列で。
2012年10月8日押上駅前ロータリーにて。

16:31

1691.jpg

16:53

1706.jpg

17:32

1747.jpg

17:51

1777.jpg

この日のライトアップは“粋”でした。
よく見ると展望台のライトが紫とオレンジを使ったハロウィン仕様ですね。


しかし、、、先日のダイナミックな夕焼けには及ばないなぁ。。。

苦行はつづく。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2012年10月1日 ピンクリボンライトアップ。 [情景]

2012年10月1日は、スカイツリーがピンク色にライトアップされました。

ご存知のように、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える「ピンクリボンキャンペーン」の一環です。
各地で様々なランドマークがピンク色にライトアップされました。

まずは、いつものように荒川土手から。

1097_52.jpg

ここは東京タワーとスカイツリーが一緒に見られるポイントなので、カメラ三脚もズラリ10本ほどいました。
(後で通った”さかさツリー“の十間橋はもっと大勢いっぱいたくさんの三脚とヒトビトが・・・!!!)

タワーのピンクリボン点灯は18:45からでした。日没から待機していて、点灯!撮影!したらばさっさとネクストポジションへ。
だって、スカイツリーは23時まで点灯だけど、東京タワーは22時までなんだもん。。。

てことで、押上駅前のソラマチ入口ロータリーへ。

1103_52.jpg

遠くから見るのと違って、クッキリハッキリ見えますね。アタリマエ。
ピンクの部分が微妙に明滅してました。
電車待ちなどもしてあざとく。

今回の展望台フチライトはやっぱりピンク。

1127_52.jpg

次に、浅草側へ移動。

1142_52.jpg

まぁ、あざとく月も一緒に撮りました。
この晩、この時間にいつも数隻は停泊してる屋形船を見かけなかったなぁ?

さて、次に東京タワーを撮りたいものの、寄ってる時間がないので一気にお台場までダッシュ!です。

はい、こちらも“お台場マンハッタン”でおなじみのアタリね。

ピンクにライトアップされたレインボーブリッジと東京タワーとスカイツリーが一度に見られます!

1147_63.jpg

え?よくわかんない??
では、これではいかが?

1156_63.jpg

1168_63.jpg

数学的に言う“アポロニウスの円”で両タワーが同じ高さに見える場所です。

が、、、スカイツリー、さすがに遠いよね・・・

自由の女神越しのスカイツリーも、時々見ていて嫌な予感はしてたんだけど、やっぱり建設中のタワーマンションとカブりました。。。
(多分この物件

1206_52.jpg

ここももう撮れないなぁ。。。


ここで22時。タイムアップ!東京タワーは消えました。
スカイツリーはまだ点灯中でしたが、もう戻ってる時間ないです。。。

帰路、一応東京タワーを撮りに赤羽橋と芝公園へ。

1219.jpg

ピンクリボンは22時でエンド、消灯しましたが、23時からは通常ライトアップに戻る、というなんともよくわかんない時間割。。。
ピンクな東京タワー、間近で撮りたかったなぁ。。。
また来年・・・


これらの写真のいくつかはストックフォトのアフロさんに預けてあります。
メディアで使用したい場合はこちらを参照ください。
http://bit.ly/Rztv7R

定点観測素材もありますヨ。
http://sky-t.blog.so-net.ne.jp/2011-09-21
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。